それ、「はずし」やない、「ちぐはぐ」や

低身長コーデ

 

※ネタバレ含みます

 

ファッション系ブログのくせに、やたらネタバレ系の記事を書いてしまうスタイリスト、かどの小町です。こんにちは

 

 

個人的な話ですが、私はアメコミヒーローか大好きです

 

なんか今、アメコミ出版社「マーベル」が大阪で展示やってるらしいんですよ!

もう行きたくて行きたくて!

 

 

でも、せっかくやったら、ちょっとでもマーベルにくわしくなってから行きたいじゃないですか

アメコミヒーローってめちゃくちゃいっぱいいるんで

 

なので最近、アメコミヒーローの実写映画をちょこちょこ見たりしてるんですよ

 

 

で、こないだ見たのがワンダーウーマンです

 

ワンダーウーマンはギリシャ神話に出てくる、女性だけの島「アマゾネス」出身の女性アメコミヒーローです

 

追記:

後日知ったんですが、ワンダーウーマンはマーベルじゃなくてDCコミックスでした!

アメコミ=マーベルと思ってました…いやDCコミックスのアメコミも好きですけどね。バットマンとか

 

 

 

女性だけの島の話ってなんかちょいちょい出てきますよね

ONE PIECEで言うと、絶世の美女ボア・ハンコックが治めるアマゾンリリーとかもアマゾネスがモデルですし


個人的にアマゾネスにも結構興味があるので、これはワンダーウーマンも見なくては!

そう思ったわけですよ

 

 

で、ワクワクしながら観た結果…

う~ん微妙でした(´・_・`)

 

なんで微妙に感じたかというと、設定が「ちぐはぐ」してるからやと思います

 

 

 

ワンダーウーマンの主人公のダイアナは、前述通りアマゾネスの女性です

 

アマゾネスってことは神話の話じゃないですか

ダイアナ自身も神話の世界観の人物です

 

 

それがある日、イギリス人男性が島に漂着したことで話が一変。

現実世界で起こってる戦争を止めるため、ダイアナが島を出て、その男性とロンドンに行って戦う…

 

 

いや、神話の世界観どこ行った(笑)

実際、ロンドンでのダイアナの行動も滑稽に描かれてるんですが、なんだかなぁと

 

 

観てるこっちとしては、神話のファンタジーな映画として観たら良いのか、

それとも現実世界の映画として観たら良いのか混乱する内容でした

 

 

2つの世界観を無理やりくっつけたせいでおかしなことに…

全然違う2つをくっつけたら、ちぐはぐになるって決まってるじゃないですか

 

せっかく女優さんもキレイやし、戦いのシーンも好きなだけにもったいない

 

 

 

まあファッションとかでも時々見かけますけどね、いわゆる「はずしテクニック」ってやつ

 

あれこそ「ちぐはぐ」の代表でしょ

 

 

個人的な意見ですけど、ちぐはぐしたやつ同士を合わすことを「テクニック」って呼ぶの、いい加減やめません?

なんやねん「はずしテクニック」ってwww

 

 

 

そもそも「はずす」必要性ってあるんですかね?

 

「まとまりすぎるから、はずします」とかよく見ますけど、

まとまってる方が良いと思います(笑)

 

 

で、あえて全然違うもの足しちゃうんでしょ?

老婆心で言うときますけど、それ、変ですからね(笑)

 

 

多分、それをおしゃれって感じてるの、自分だけですよ

 

周りから見たら残念でしかない

ただのちぐはぐですからね

 

 

 

映画もファッションも、違いすぎる2つを混ぜこぜにしたら変なものしか出来ませんよ

 

まあ、価値観は人それぞれですけどね

とりあえずワンダーウーマンは、ちぐはぐしてると思います

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました