エッシャーの4つの意外な点と親近感

 

昨日エッシャー展に行ってきました

場所は大阪、あべのハルカスです

エッシャーっていうと、だまし絵で有名ですよね

なので面白そうだなぁと思って主人と一緒に見てきたわけです

で、会場に着いたらめちゃくちゃ長い行列ができてまして

案内の人に

「チケット買うまでの時間+入場までの時間が2時間くらいかかります。

あと2時間半で展示終了なんですけど、並びます?」

って冷や汗かいた顔で聞かれました

一瞬悩みましたが、ここまで来て見ずに帰るのは嫌だったんで並ぶことに

最悪、見れずに帰る可能性もありましたが、思いのほかスムーズに進みまして

おかげで、あべのハルカス到着から1時間後には会場に入れました

ぎゅうぎゅう詰めの会場の中、見て回って意外な発見が4つもありました




・風景画が多い

一番びっくりしたのは風景画がほとんどで、だまし絵がめちゃくちゃ少なかったこと

イタリアの風景とかめっちゃ多いんですよ

だまし絵のイメージが強すぎたんで「あれ~?」ってなりました

会場の他のお客さんもそんな感じでした(笑)

スポンサーリンク

・画家っぽくない(いい意味で)

エッシャーの絵のタッチって、いい意味で「画家」より「イラストレーター」っぽい感じです

120年前に生まれた人なのに、今見ても古臭さとか全然なくて

こんな絵の描き方ができる人もいるのか!って思いましたね

スポンサーリンク

・意外すぎる描き方

エッシャーの絵を見てて気づいたんですが、ものすっごい緻密に描かれてるんですよ

それだけでもビックリですが、なんと木版画なんですよ

緻密な絵って普通に書くだけでも大変やし、時間もかかるはずです

やのにその描いた絵を木の板に掘るわけですよ

一枚の絵を作るのに通常の何倍も時間と手間をかけるわけです

想像したらめまいがするほど大変な作業…!

しかも作品によっては多色刷りなんです

どういうことかというと、色に合わせて何枚も板を彫るってことです!

浮世絵かよ!

もうどんだけ努力するんやエッシャー!

おもしろいだまし絵作る人としか知らんくてゴメンてなりました

・自画像

基本的に風景画がほとんどで、人物画はあんまりなかったんですよ

出てきても奥さんの絵が多かった印象。愛妻家だなぁ

で、いっぱいある中で数点程度、自画像があるんです

それがまぁイケメンで!

もちろん写真が残ってないから、盛ってるかもしれんけど(笑)

ちなみに以前行った「水木しげる展」での自画像は盛られてました(笑)

エッシャーはどうなんでしょうね?

個人的にはイケメンと信じたいです

・お目当てのだまし絵

いちばん見たかっただまし絵は最後らへんのコーナーにありました

やっぱり何回見ても不思議ですね、特に建設物の絵は

構成がねじれてる、っていうのは一応わかるんですけどそれでも全然理解できない

どうやって描いたかとか全然分からないんですよ!すごい

見れば見るほど分からなくなる、本当に不思議以外の言葉でてこない作品ばかりでした

ちなみに、ナイトミュージアムって映画で、エッシャーの建設物が出てくるらしいです!

この作品です↓

会場でそのシーンが公開されてて、めっちゃ面白かったんで今度この映画見る予定です

・意外な(おこがましい)共通点

だまし絵を見てて思ったんですが、

「私がやってることも、ある意味だまし絵かも」と思いまして

実際より背を高く見せたり、スタイルを良く見せるって言うのは錯覚を使ってるので

ちなみに私の使う錯覚は、1つだけ使ってもあんまり効果ないです

背を高く見せる錯覚、からだを華奢に見せる錯覚、スタイル良く見せる錯覚など、複数を組み合わせることで効果を発揮させています

錯覚の掛け算で作っているのが私のコーディネートなんですよ

まぁあれだけ複雑かつ緻密で計算された絵を描くエッシャーと一緒にするのは、おこがましい意外の何者でもないですけどね(泣)

錯覚を利用してるっていう、その部分だけで勝手に親近感覚えるという、そんな一日でした

そうそう、大阪での展示は残念ながら昨日で終わってしまったんですけど、

福岡と愛媛でまた開催される予定みたいです

興味があったら行ってみても良いかもしれませんよ

スポンサーリンク

関連コンテンツ
 

関連記事とスポンサーリンク

いつもシェアしてくださりありがとうございます♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローもぜひ♡