スポンサーリンク




低身長でもロングスカートは履ける!脚長&背を高く見せる3つのコツ

この記事は約 4 分で読めます。

前回の記事で「低身長でもロングスカートは履ける」という話をしたんですよ

低身長にロングスカートは似合わない、はウソ。小柄に似合うロングスカートコーデ

写真はコレです。

身長149cmしかない私ですが、引きずることもなく履けます。

低身長でも、ポイントさえ押さえればロングスカートを履くことはもちろん、

脚を長く見せ、さらには身長を高く見せることもできるのです。

今回はロングスカートをスタイル良く見せる履き方を書いていきます。

本当に低身長なのかという証拠写真

私はよく155cmくらいの身長に間違われます。

もしかしたらあなたも「本当に低身長なの?」と思われているかもしれません。

なので私が低身長だと分かる写真を晒します。

うわあああああああああああああああ!!!!!

あ、あんまり見ないでくださあああああああい!!!!!

あ、下半身デブに関してはこっちの写真のほうが分かりやすいですね。

うわあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!

見るに堪えないいいいいいィィィィィ!!!!!

さっきの写真と比べるとこう。

同じ状態で撮ったのに、こんなに差が出てしまいます…

コーディネートの力ってすごいですよね。

私が低身長で下半身デブという恵まれない体型だと分かっていただけたところで本題に入ります。

スポンサーリンク

ロングスカートを履く時の3つのコツ

ロングスカートを履く時は、この3つのコツを押さえましょう。

1.スカート丈に気をつける

2.腰の位置を高く見せる

3.シルエットに気をつける

1.スカート丈に気をつける

ロングスカートが履けない、と思い込んでいる人は

背が高い人向けのロングスカートを想像しているようです。

なのですそを引きずってしまうと考えてしまうんですね。

人によって脚の長さが違うのは当たり前です。

気にする必要はありません。

気にするべき箇所は、あなたに似合うスカートの丈を知ることです。

ちなみに私のロングスカートの丈は80cmがベストです。

私が履いているこちらのスカートは80cmです。

色もたくさんあるのでオススメですよ。

2.腰の位置を高く見せる

脚を長く見せるため、ハイウエストで履いています。

位置は、おへその少し上のあたり。

あなたが想像していたより上だったはずです。

こうすることで上半身はコンパクトに、脚は長くみせることができます。

また、ハイヒールを履いているのも腰の位置を高く見せるためです。

ハイヒールは身長を盛るために履いているのではありません。

腰の位置を高く、脚を長く見せるために履いています。

身長を不自然に高く見せるのではなく、腰の位置を少し高く見せる。

そうすることで脚が長く、結果として身長が高く見えるのです。

3.シルエットに気をつける

今回履いたのは、すそに向かって広がるロングスカートです。

なので上半身をコンパクトに見せてAラインのシルエットに仕上げました。

こうすることでカラダ全体がきゃしゃに見え、背の高い印象になります。

スポンサーリンク

まとめ

ロングスカートを履く時は、

1.スカート丈に気をつける

2.腰の位置を高く見せる

3.シルエットに気をつける

この3点に気をつければ脚を長く、身長を高く見せることができます。

ちなみに、私が写真で着ている服は前回記事で紹介しています。

低身長にロングスカートは似合わない、はウソ。小柄に似合うロングスカートコーデ

あなたもぜひやってみてくださいね!

身長149cmのスタイリスト、かどの小町でした。

スポンサーリンク

マシュマロ
関連コンテンツ
 

関連記事とスポンサーリンク

いつもシェアしてくださりありがとうございます♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローもぜひ♡