スポンサーリンク




昔ながらの耳鼻科は荒治療で地獄を見るけどなぜか治るという不思議

この記事は約 3 分で読めます。

f:id:komachi-k:20171015150840j:plain

前回に引き続き、いまだに風邪を引いています。

風邪と併発した中耳炎がだんだん悪化して耳が痛いうえに
鼓膜がボコボコ言って耳が聞こえにくくなってきました。

母に話したところ、仕事帰りに車を飛ばして駆けつけてくれました。

その足で耳鼻科に連れて行ってもらうことに。

行ったのはかかりつけの耳鼻科。

この耳鼻科はおじいさんが先生なので昔ながらの治療方法。

なので痛かったり辛かったりする荒治療が多いんです。
でもなぜか治る。不思議。

また痛いことされるやろな~と思いつつビビりながら病院に行きました。

耳が聞こえにくいと言ったので聴力検査を受けることに。

この耳鼻科、聴力検査の部屋の壁がなぜか薄くて他の音も聞こえるんですよ…

以前聴力検査を受けた時なんか雑音が入りすぎて渡されたスイッチ?を押しまくったら
「み、耳鳴りとかあります?」って看護師さんに心配されたくらい。

今回は病院にかかってきた電話の音と留守番メッセージまで聞こえてきましたからね。

もうちょっと防音対策して欲しい。

地獄の治療

聴力検査が終わってからはおなじみの荒治療開始。

舌をひっぱられてノドに直接ルゴール液を塗られた時は「ゔぉえっ」って声が漏れました。

極めつけは鼓膜の治療。

先の少し曲がった金属製の細い管を、
鼻からノドあたりまで入れられそこから鼓膜に向かって空気を送り込まれました。

何回やっても鼻から管とかを入れられるのは慣れない。涙が出てきます。

管を入れられているだけでもつらいのに、
この空気を入れている時間がやたら長くてめまいがしました。

やっと管を抜いてもらって「ハイ!耳治ったでしょ!」と言われたので
「あ、はい」と答えました。

じつは治療が終わったその瞬間に鼓膜がボコンと音を立てていました。

治ってなさそうな気がしましたが、
もう一回あの治療をされるのが恐かったから「はい」と言ったのはここだけの話。

内緒にしてください…

スポンサーリンク

味覚障害の薬を処方される

とりあえず4日分薬をもらいました。

鼻が詰まっているせいで食べ物の味がよく分からないと伝えたところ、
味覚障害を治す薬をもらいました。成分は亜鉛らしい。

亜鉛とビタミンCを一緒にとると髪の毛が伸びるらしいです。

こちらのサイトに書いてありました。

kirei2naru.com

風邪を引いてからビタミン剤を飲んでいるので、
この亜鉛の薬も一緒に飲んでいたら髪の毛が伸びるのかもしれないです。

風邪が治ったら髪の毛がボーボーになってるとか面白すぎます。

よく考えたら4日以内に治らなかったらまた恐怖の治療を受けることになるんですね…

地獄を見るけどなぜか治るという治療法ですが今回の風邪は妙にしつこいから心配。

本当に早く治ってほしいです。

スポンサーリンク

マシュマロ
関連コンテンツ
 

関連記事とスポンサーリンク

いつもシェアしてくださりありがとうございます♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローもぜひ♡