前からずっと好きでした

プロフィールにはなぜか書きそびれていたんですが、私は以前から米津玄師が大好きです

去年、ドラマのアンナチュラルの主題歌として「Lemon」が大ヒットしましたよね

おかげでネット上だけでなく、一般的にすごく知られるようになって個人的にはかなり嬉しいです

今までは「米津玄師めっちゃ好きやねん」と言うと、「誰それ?」って言われることが多くて(泣)

私の周りには米津玄師ファンが全然いなくてめちゃくちゃ寂しかったんですよ

なので今は米津玄師が好き!って言って通じるようになったのが本当に嬉しい

というわけで今回は米津玄師への愛を語ります

※だいぶ短くしたつもりですが、詰め込みすぎたので今回はいつもより長文です。




・好きになったきっかけ

じつは米津玄師を知ったきっかけは、本人の歌じゃなかったんです

日本語的におかしいですが、まあ聞いてくださいよ(笑)

じつはボーカロイドの歌がきっかけなんです

あ、ボーカロイドってのは初音ミクとかの、作った曲を歌ってくれるソフトのことです

米津玄師は、じつは自身の活動の前はボーカロイドの作詞作曲をするプロデューサー、通称ボカロPをしてたんです

ちなみにボカロPの時は「ハチ」という名前でした

そのあとでボーカロイドではなく自身で歌うことを決意し、本名の米津玄師としてアーティスト活動を始めたっていう経歴なんですよ

じつは米津玄師やハチはおろか、ボーカロイドもボカロPのことも、まーーーったく知らんかった私。

それが偶然、YouTubeを見てるときに出会ったんですよ、ハチの曲に。

初めて出会った運命の曲、それがこのパンダヒーローです

最初聞いたとき、あまりのセンスの良さに全身鳥肌が立ちました

こんなカッコイイ曲を作れる人が、この世にいたとは…!

気づいたときにはハチの曲にのめり込んでいました

どんな曲でも良いから、とにかくハチの曲を聞きたい!

もっとハチのことを知りたい!

そう思ってYouTubeを検索し、ハチの曲を調べまくりました

それから間もなくしてです。関連動画に米津玄師のPVが表示されるようになったのは。

最初、「米津玄師?誰?なんで関連?」と思いました

というか最初、なんて読むのかさえ知りませんでした

ちなみに「よねづけんし」ですよ。げんしじゃないです

調べた結果、ハチの本名が米津玄師だと知りました

この人が、あのすごい曲を作ってたのか!

ハチと米津玄師が同一人物だと知ったときは感動しました

パンダヒーローを聞いたときと同じくらい鳥肌が立ちました

米津玄師に魅了されたあの日を、昨日のことのように今でも思い出せます

スポンサーリンク

・主人が「Lemon」にハマる

米津玄師の曲はどれもセンスが良いんですよね

聞いてて思うんですが、米津玄師の曲はだいたい3つくらいのジャンルがあるっぽくて

たぶんバラード、ロック、和ロックってなってるはず

人気があるのはバラードですね、大ヒットした「Lemon」もそうですし

で、うちの主人も「Lemon」にハマりまして

私は主人の車のハードディスクに米津玄師の曲をいっぱい入れさせてもらってるんですよ

そしたらこないだ主人が「Lemon」だけを鬼リピートしてました(笑)

「Lemon」終わったなーと思ったら次また「Lemon」っていう。

主人は米津玄師に興味がなかったんですが、「Lemon」だけは超気に入ったようで

終いには歌詞を覚えて歌えるようになりました(笑)

米津玄師の歌って中毒性があるんですよね

だから何回も聞いてしまうし、ハマる要素が多すぎると個人的に思ってます

スポンサーリンク

・米津玄師はマルチな才能の持ち主

米津玄師は作詞作曲はもちろん、じつはイラストも描けるしダンスもできるっていうすごい人です

さっきのパンダヒーローとかのMVのイラスト、あれは米津玄師が描いてるんですよ!

おしゃれなイラストですよね

CDジャケットの緻密なイラストももちろん米津玄師本人が描いてます

ダンスは「LOSER」や「Flamingo」などのMVで見れます

ジャンルはたぶん「アニメーション」っていうダンスです

曲とマッチしててカッコイイですよね!

作詞作曲できて歌も歌えて踊れてイラストも描けるってどんだけすごい人なんや

どうしよう、好きが止まらねぇや(笑)

・好き嫌いは分かれると思う

個人的には米津玄師の作品は大好きです

でも、結構クセが強いから好き嫌いは人によって分かれるのかなーと

好きな人はドはまりしますけどね、私とか

で、考えたんですけど、米津玄師はきっと人の好みに合わせてブレたりしないんじゃないかと

「みんなに好かれるように作ろう」とか考えて作ってないと思うんです

いや、本人じゃないから分からんのですけどね(笑)

でも好かれようと思ったらあんなに難しい歌にしないと思うんですよ

米津玄師の歌は歌詞に難しい漢字が出てきたり、音程が難しかったり、早口で難しかったり、

とりあえず難しいことがいっぱいあります(笑)

そこも全部含めてカッコイイな、と

やっぱり人間、みんなに好かれたいと思っちゃうじゃないですか

実際には不可能なんですけど

だからこそ、自分の意見や好きなことを貫くのは難しいわけで

でもね、その難しいことをしてる人がじつは人に好かれるんですよ

好き嫌いハッキリ分かれる人ほど、多くの人に嫌われる分、多くの人に好かれるっていう

誰からも好かれる人ってのは、結局は誰からも信用されてないし、知られてないだけかもしれない

好きの反対は嫌いじゃなくて「無関心」ですから

自分の好きなことを貫くのは勇気のいることです

ファッションにしてもそう。全員からおしゃれって言われることなんかありえません

私の考えるおしゃれは、「定番のアイテムで作る、背を高く見せるフレンチカジュアル」です

私のファッションを見て「おしゃれ」と思ってくれる人も多いです

でもそう感じない人も多いと思います

たとえば「流行こそがおしゃれ!」って考えてる人にはダサく見えるでしょう

私も流行に振り回されてる人はダサいと思ってますし

結局、何をしたって全員から好かれることなんてこの世にはありません

人の意見をいくら素直に聞いたって、他の人には悪口言われます

どれだけ人の意見にしたがったところで、全員には好かれないんですよ

じゃあ自分の好きなことを貫けばいい。私はそう思ってます

これからも私は米津玄師が大好きですし、フレンチカジュアルがおしゃれだと思って生きていくでしょう

周りの意見に振り回される人生と、自分の好きを貫く人生。

あなたならどちらを選びますか?

スポンサーリンク

関連コンテンツ
 

関連記事とスポンサーリンク

いつもシェアしてくださりありがとうございます♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローもぜひ♡