主人がもうアカンと思った話

それは年末、12月30日の朝のこと。

普段どおり起きてふと主人を見ると、「からだがかゆい」と言っている。

どうしたのかと思って服の中を見せてもらうと、なんと、じんましんだらけだった。

真っ先に脳裏に浮かんだのは、昨日の夜に食べたカニ。

じつは主人はアレルギー体質で、鮮度の悪いカニを食べると発作が出る。

以前にも鮮度の悪いカニを食べて全身じんましんだらけになり、しかも一瞬心臓が止まったらしい。

にもかかわらず、そのあと自分で運転して病院に行ってしまうような男だ。

そして、それにも懲りずシーズンになるとよくカニを買ってきて自分でさばき、食べまくっている。

こちらとしては、毎回大丈夫かとハラハラしながら一緒に食べている。

そしたらついに今回、発作が出てしまったようだ。

あわてて「病院に行こう!」と言う私を尻目に主人は

「あ、うん。行くけど大丈夫やでー」とヘラヘラしている。

主人は野生の勘というか、サバイバル精神というか、

「生と死を分ける瞬間」みたいなタイミングで妙に冷静だ。

今回も自分の状態が「大丈夫」だと判断しているらしく、落ち着いている。

でもこちらとしては気が気でない。

アレルギーは命を落とすことも珍しくない。

そもそも心臓が一度止まったことがある、と聞いているだけに血の気が引いてしまった。

なので一応、主人に何かあった時にどうすれば良いのかを確認し、すぐ病院に向かった。

幸い、大きい病院が近くにあるので、そちらへ向かうことに。

もうすぐ病院に着く、というタイミングで主人がひとこと。

「あ、診察券忘れた。取りに帰っていい?」

思わず「なんでやねん」とツッコみかけた。

さらに主人はそれだけでは飽き足らず、

「なんかかゆいのマシになってきた。もう病院行かんで良いわー」

どうやら外の冷たい空気のおかげで、じんましんが引いてきたらしい。

結局、診察券を取りに帰ったまま、病院に行くことなくじんましんは消滅した。

「ホンマに危ない時は自分で分かるし大丈夫やって」

そう笑う主人の隣で、一人冷や汗が止まらない私だった。

…とまあ、ちょっと小説っぽく入ってみました(笑)

いやもう、ホンマに主人が危ない!と思って焦りましたからね

普段ってあんまり死ぬことって考えないじゃないですか

でもね、生きることと死ぬことって表裏一体なんですよね

極端な話、明日の朝、普通に目が覚めるのって1/2の確率です

気づきにくいけど、生きてるって偶然なんですよ

いつ死んでもおかしくない。

じゃあその瞬間が来る時、やっぱり後悔したくないですよね

常に「なりたい自分」として生きる。

そう意識しているだけで、後悔ってのは限りなくゼロに近づけられるんじゃないでしょうか

適当な服着て適当な格好でその時を迎えるのか。

「なりたい自分」の姿でその時を迎えるのか。

それ次第で人生の質は変わると思います

あなたは今日、どんな服で過ごしますか?

スポンサーリンク

関連コンテンツ
 

関連記事とスポンサーリンク

いつもシェアしてくださりありがとうございます♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローもぜひ♡