パーソナルカラー診断は無意味。分類が同じでも人によって似合う色は微妙に違う

この記事は約 3 分で読めます。

似合う色探す、というとパーソナルカラー診断がよく検索されますね

残念なことを言いますが、パーソナルカラー診断は全くあてにならないですよ

というか誤診がすごく多い

パーソナルカラー診断というのは、その人の肌とか髪の色などを見て
似合う色を診断するというもの

スプリング、サマー、オータム、ウィンターという、季節の名前が使われるやつです

あなたはスプリングですね、とか

私はオータムなんで~、とか聞いたことないですか?

アレのことです。

肌の色などから似合う色を見つけるのは良いんですよ。

誰にでも似合う色っていうのはある訳ですし

でも問題は、似合う色の診断結果が4パターンしかないことです

似合う色を4つにしか分類しないなんてのは無理な話です

だって厳密に言えば肌の色は人それぞれ微妙に違いますから

考えてみてください。

化粧品売り場のファンデーションの色は4パターンだけですか?

ブランドによっても少しずつ違いますし、そもそも1つのブランドでさえ4パターン以上あります

それだけ人それぞれ微妙に肌の色が違うということです

なので「あなたのパーソナルカラーは〇〇だからこの色味は全部似合わない!」とかいうのは強引です

絶対にそうとは言い切れないので

スポンサーリンク


しかもパーソナルカラー診断は本当に誤診が多いです

私の場合なんて、診断してくれる人によって答えが全くバラバラなんですから

だからどの答えも信用なんかできないです

そんなもんですよパーソナルカラー診断なんて

「パーソナルカラー診断や骨格診断を組み合わせれば似合う服が分かる!」

とかいうタイトルの本よく売ってますけど

私に言わせてみればあんなもんデタラメです

もしかしたら専門家に
「知識もないくせにいい加減なことを言うな」と言われるかもしれませんが

私はパーソナルカラー診断も骨格診断も勉強しました

色彩検定も2級持ってます

勉強したうえで当てにならないと言っているんです

所詮、骨格診断しろパーソナルカラー診断にしろ
相手に似合う服が選べない人が使う逃げの方法でしょう

あなたの体型や肌の色は世界にひとつだけです

もし本気でオシャレになりたいと思うなら
安易にパーソナルカラー診断や骨格診断などを使うアドバイザーなどではなく

本当にあなたに似合う服を選んでくれるスタイリストに服を選んでもらうこと。

それこそがあなたがオシャレになれる最短の近道です