苦手なことを克服する努力など不要。必要なのはたった2つの技術だけ

こんにちは!かどの小町です!

いや~、自己啓発系の本って
めちゃくちゃいっぱいありますね

本屋行くと店先に1冊は必ず
自己啓発系の本がドーン!って置いてあります

まあそれだけの本があるっていうことは
それだけ読まれてるってことです

多くの人が

「自分の苦手なことを克服したい」

そう考えてるといえます

でもじつは苦手なことって
べつに克服しなくても良いんですよ

今日は苦手なことについての話です

苦手なことを克服するべき、という悩みの原因

個人的に感じていることですが、

「苦手なことは克服するべき!」

という悩みを持つ原因の1つが

「自分は完璧であるべき」という
考えに縛られているからだと思うんです

でもね、実際はそうはいかないですし、
そうする必要もじつはないんですよ

どうしてもできないっていうことって
人間誰にでもあります

何でもできる人なんかいないし、
何でも知ってる人もいません

全能の神様みたいな人はどこにもいないんです

スポンサーリンク

なんでもできる人の正体

「いや、自分の知り合いには何でもできる人いるよ?」

そう思う人もいるでしょう。

でもじつは「何でもできる人」っていうのは
すごい才能があるとか運動神経が良いということではありません

その人は自分の魅せ方、
つまりセルフプロデュースが得意な人なんです

自分ができることや得意なことを
よく見える場所で披露しているにすぎません

それ以外のことは結構アホやったりします

アホな部分を隠している、もしくは
あまり目立たせないというのが正解です

スポンサーリンク

「苦手なこと」を対処するための2つの能力

はい、やっとこさ本題です

人間、誰にでも得手不得手があります

なのですべて克服して
できるようになる必要はありません

そんなん一生無理ですよ

じゃあどうしたら良いかっていうと

自分のできない部分を得意な人にやってもらう。

コレですよ

で、自分が得意なことを苦手な人の代わりにやってあげる。

それだけです

将棋の駒でも
全方向どこまでも動ける駒なんかないじゃないですか

そんな駒あったらどうします?

将棋めっちゃオモロないでしょwww

で、ここで必要になってくる2つの技術というのが

「頼む技術」「検索する技術」です

…たぶん本のタイトルとかやったら
もっとカッコイイ名前の技術なんでしょうけどね

分からないんで
「頼む技術」と「検索する技術」でいきます

頼む技術というのはそのままで

「おねが~いコレやって~♡」という技術

コレをいかに相手に快く引き受けてもらうか。

その部分が腕の見せ所です

そりゃいきなり「おねぐぁ~い♡」とか言われたら
相手もドン引きです

相手がそれを引き受けたことによって
気分が良くなるという言い方や態度が大事です

次に検索する技術。

これもそのままで、
スマホに「オッケーグーグル♪」と言うだけ

これがどう関係しているかというと

苦手を補ってくれる道具やサービスを
検索するということです

計算が苦手でミスしやすいなら
使い勝手の良い計算機を探して買えばいいし、

料理が死ぬほど苦手なら
宅食を検索して頼めば良いんです

あ、服のことで悩んだら
私に相談してもらっても良いですよw

みんな無意識に「自分でなんとかしなきゃ!」と
頑張りすぎているんです

もっと肩の力抜いて良いんですよ。

誰にでも強みと弱みがあります

できることはやってあげる、
できないことは道具やできる人にやってもらう。

そう考えるとちょっと楽になりません?

万能な人なんていないんですよ

「得意な人に頼もう♪」

そう切り替えられるようになったら勝ちですね

気楽に行きましょう

   

スポンサーリンク

マシュマロ
関連コンテンツ
 

関連記事とスポンサーリンク

いつもシェアしてくださりありがとうございます♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローもぜひ♡