人の祖先の衝撃の事実…

 

先日ね、ちょっとビックリしたことがあるんですよ

なんとアウストラロピテクスって人間の祖先じゃないらしいです

 

 

この図鑑に載ってました↓

 

 

アウストラロピテクスが進化してネアンデルタール人になって~とか、

だんだん進化して人間になったって歴史の授業で習った気がするんですけど…

 

どうやら私たちの祖先は別の生き物らしいです

 

 

人間のことってホモ・サピエンスって言うじゃないですか

なのでホモ・〇〇(←時代によって名前が変わる)っていう生き物が祖先らしい

 

 

アウストラロピテクスとかネアンデルタール人とかクロマニヨン人とか、

全然違う生き物で絶滅したみたい

 

 

なんか似てるけど違うやつやったそうです

 

 

で、コレ何の話やねんってことですけど

アパレルの世界でも似てるけど全然別物っていう話がありましてですね

 

それがあの最近流行りの骨格診断っていうやつです

 

 

骨格診断っていうのは、体型を

「ストレート」「ウェーブ」「ナチュラル」の3つに分類して

それぞれの体型に合う服を着る、というものです。

 

 

コレ、もしかしたらアパレルの話やと思われてるんじゃないかと

じつはアパレルとまったく関係ないんですよ

 

 

私、今までアパレルの仕事をいろいろやってきたんです

 

でもその間、1回も骨格診断とか聞いたことないんですよ

専門学校でも習わなかったです

 

 

骨格診断とか(笑)

 

で、聞いたことすらなかった内容だったので、講習を受けてみたんですよ

だって診断で似合うとか判断できたら楽ですし

 

 

そしたらまあ、ビックリするくらいお粗末な内容でして…

正直、受講料返して欲しかったです(泣)

 

アパレル業界が見向きもしないのも納得です

 

 

まずね、理論的に無理がありすぎなんですよ

一人ひとり全く違う体型やのに、3つに分類するとか物理的に無理です

 

骨格診断に使われる3つの体型は、

「上半身デブ」「下半身デブ」「ガリガリ」

この3つしかないんですよ(笑)

 

 

こんなんその人の個性を全部無視して無理やり当てはめてるだけです

人間のからだはそんなに単純な形じゃないですよ

 

 

もしこの3つしかないなら、私たちは服でこんなに悩むわけないんですから

 

 

骨格に合ったブランドなんかない

 

時々、

「ストレートの体型に合うブランドはどこですか?」

とか聞かれるんですよ

 

うん、そんなもんあるわけないから(汗)

 

 

もう1回言いますが、

アパレル業界で浸透してないんですよ、骨格診断は。

 

だから骨格に合わせた服とか作るわけがないです

 

 

もし浸透してたら、世の中には

ストレート、ウェーブ、ナチュラルの3パターンの服だらけのはずです

 

そうじゃないってことはまあそういうことです

もうねツッコミどころ満載すぎて疲れ切ってしまいましたよ

 

 

こんなふざけた内容を「似合うが見つかる!」とか言ってることに怒りすら覚えます

服に詳しくない人ならすぐだまされてしまうでしょう

 

本屋さんとかで見かけても近づかないほうが身のためですよ

 

 

まとめ

 

骨格診断はアパレルと関係ない、お粗末な内容。

 

なので骨格診断の話はアパレル関係の人とかにしないほうが良いと思いますよ

鼻で笑われるかもしれないので

 

個人的にはアウストラロピテクスより骨格診断に絶滅してほしい(笑)

 

 

あ、ちなみに骨格診断は低身長もまったく考慮してないですからね

ちょっと書くの忘れてたんで今書きました(笑)

 

 

まあ中には骨格診断がバッチリ合う、恵まれた体型もいるかもしれませんが

そういう一握りの人だけ利用すれば良いんじゃないでしょうか

 

骨格診断を信じるか信じないかはおまかせします

 

 

P.S.

診断つながりで言うと、パーソナルカラー診断も別物です

というかパーソナルカラー診断のほうがもっとひどいです(笑)

そのあたりはまた今度書きます

 

 

P.P.S.

ブログの最新記事もぜひどうぞ^^

→最新記事へ

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました