低身長アラサー元古着屋ショップ店員のブログ

興味のあることいろいろ。ファッションより美容記事が多め。

そのつらさ、目の疲れが原因かも?簡単に目の疲れをとる方法

新しい生活が始まる季節になりましたね。

わくわくする一方、なかなか新しい生活に馴染めず、疲れが溜まりやすい時期でもあります。

疲れたOL

特に目はこの現代社会で酷使され、疲れやすいうえに温めたりマッサージしてもなかなか取れにくいものです。

目の奥が痛い、視力が落ちる、目がしょぼしょぼするなど、目自体の疲れはもちろん、放置すると頭痛や吐き気、めまい、肩こりなど全身に影響が出ることもあります。

 

休みの日にぐっすり寝てもスッキリしない、だるい、体が重い、顔色が冴えない、疲れやすい・・・

その悩みはもしかしたら目の疲れが原因かもしれません。

目の疲れをとる

確かに目が疲れているかもしれないけど、かといってマッサージやエステに行く暇もないし、お金もかけたくない・・・ それなら、入浴に一手間かけてみましょう!

浴室

お風呂で目もリラックス

あなたはお風呂で湯船に浸かるとき、どんな工夫をしていますか? もし何もしていないならすごくもったいないです。

お風呂に浸かるときに一手間かけるだけで目がリラックスする方法があるんです!

それは、「お風呂の電気を消すこと」

 

お風呂の中を暗くして入浴、某SNSでは「闇風呂」という名前らしいのですが、暗い状態で湯船に浸かると、いつもと少し違った感覚になります。

闇風呂に入ると

・目の奥の筋肉が脱力していく感覚がわかる

電気を消して湯船に浸かると、いつもより自分の体の感覚がわかるようになります。 特に目の奥の筋肉の緊張がじわっとほどけていくような脱力感が味わえます。

 

・湯船の温度やお湯の柔らかさがいつもより感じる

さらにいつもよりお湯の感覚にも敏感になります。 お湯の温度や柔らかさなど、いつもと違った不思議な感覚で感じられます。

いつもは考え事をしていたりして何気なく入っている湯船ですが、体に神経を集中させて入るとこんな感覚だったのか!と改めて気づくことでしょう。

 

・いつもより深くリラックスし、瞑想をしているような気分になる

光がなくて周りからの視覚情報がないためなのか、自分自身の感覚に対して敏感になり、さらにリラックスすることで瞑想をしているような状態になります。

 

また、湯船に好きな香りの入浴剤やエッセンシャルオイルなどを入れるとより深くリラックスでき、目の疲れもとれやすくなると思います。

ただし、リラックスしすぎて眠ってしまわないように注意してくださいね!

 

お金も時間もかからない「闇風呂」、今日から始めてみませんか?