低身長アラサー元古着屋ショップ店員のブログ

興味のあることいろいろ。ファッションより美容記事が多め。

洋服の9割を通販で買う私が、サイズ選びで失敗しない方法とは?

通販=失敗がつきもの?

洋服を買う時、あなたはどこのお店で買いますか?
私は通販サイト、とくに楽天で買うことがほとんどです。

私がプチプラコーデなのにオシャレだと言われるのは楽天で買っているからです。

 

通販というと、手元に届いた商品が思っていたのと違う、不良品だったなど、まず先にトラブルになることを想像する人がすごく多いですよね。

不良品だった場合はもちろんお店負担で返品や交換をしてもらえますが、サイズ違いなどこちらの都合だった場合は送料負担、最悪返品不可のことも。

そんな少し難しい通販での買い物ですが、じつは私はほとんど失敗したことがありません。

サイズで失敗しないためにはコツがあるんです。

では、手に取るまで分からない商品のサイズ選びでなぜ失敗しないのか、どうすれば失敗しないで済むのか、その方法を教えちゃいます!

 

サイズ選びの必須アイテム

ではさっそく方法をお伝えしていきます…と言いたいところですが、先に準備してもらうものが2つあります!

まず1つめがメジャー。
こういうヒモ状の2mくらいのやつとか、

f:id:komachi-k:20170707011904j:plain

こんな伸ばして使うのでもどちらでもOK。100円ショップでも買えます。

f:id:komachi-k:20170707011906j:plain

 

次に、いつもあなたが着ていてぴったりサイズの服を用意してください。
買うものがTシャツなら手持ちのTシャツを、スカートを買うならスカートを用意してください。できれば身体にフィットするサイズで、細身のものがベストです。
例として今回私はこのTシャツを使います。

f:id:komachi-k:20170707011905j:plain

 

サイズの選び方

準備が整ったらさっそく商品のページに行きましょう!
まずはトップス(上に着る服)の選び方からですよー^^

今回例に挙げるのはこちらのTシャツです!


 

サイズ表はだいたい下の方にあるので、モデルさんがどんな感じで着ているのかを眺めつつページ下の方に移動し、サイズ表を見つけます。

 サイズ表を発見。

f:id:komachi-k:20170707012326p:plain

で、ここで「あー私いつもMサイズ買うから、今回もMで良いや」って考えると失敗しちゃいます!

なぜかと言うと、じつは作る会社によってS、M、Lなどの数字はまちまちだから。
とある会社のMサイズが他の会社のSサイズと同じくらいのサイズなんてザラです。

そこで登場するのが先程のメジャーと手持ちの服です!
手持ちの服のサイズと買いたい服のサイズはどれくらい違うのかを、測って調べていきます。

サイズ表には着丈や肩幅、バストサイズなどが書かれているので、該当する部分は手持ちの服なら何cmなのかを測っていきます。

どこ測るの?ってなったら下の表を見て測ってください。

f:id:komachi-k:20170707014925p:plain

 

とくに失敗しやすいのは脇口幅(袖の付け根)です!

 

f:id:komachi-k:20170707012648p:plain

 

ピンクで囲った部分です。

ここがキツイと腕が動かしにくくて着づらい上に、無理に着てると脇の下から破れてくることもあるので記載されている場合は必ず測ってください。

ちなみに、このお店では脇口幅という名前ですが、他のお店の表記も一緒とは限らないので、袖の付け根がキツイと着づらいということを覚えておいてくださいね。


この服の場合、脇口幅は18.5cm。

f:id:komachi-k:20170707013056j:plain

 

 

商品ページのTシャツはMサイズだと18cmなので、手持ちのこの服より少し狭め、つまりこの服に比べてちょっと腕が動かしづらい可能性があります。

f:id:komachi-k:20170707012627p:plain

 

この手持ちの服を着てみて、ちょっと狭いくらいなら問題ないのか、それとも腕が動かしづらいのかでサイズを検討してください。
あとは袖丈や着丈、バスト周りや肩幅など記載されているサイズは全部測ってください。

※袖の付け根はカーブしてますが、上の私のTシャツ写真のように肩の縫い目と脇の下の縫い目を一直線に測ってください。カーブさせて測らないように。これを平置きして測ると言います

 

ボトム(スカートなど下に着る服)の場合も同じように測って検討します。
ただ、ボトムはサイズを測っても合わない場合が多いので、スキニーやタイトスカートなど身体のラインが出るものは通販ではなく試着して買うほうが無難です。

どうしても通販で買いたい場合は、サイズ交換OKのお店を探すと良いですね。
私の場合はゆったりめのボトムなら通販、ぴったりサイズのボトムは実店舗で買うことが多いです。

この手順でサイズを測り、だいたいサイズが決まったらすぐ購入!
というわけではありません。

通販で失敗せず購入するためには抜かりない準備が必要です!
次の手順に入るのでこのまま読み進めてください。

 

イメージが違った!を防ぐには

サイズもいっぱい測ったのに、まだやることがあるの!?
と思われるかもしれませんが、もうワンステップなのでお付き合いください^^

今回見るところはこちら!

f:id:komachi-k:20170707013553j:plain

そう、購入者のレビューです!

見る人は多いと思いますが、絶対に購入者の本音は見ておいたほうが良いです。
思っていたよりもピチピチサイズだった、大きかった、色のイメージが違ったなど、いろいろなことが書かれています。

書いている人の感覚がそれぞれ違うので、鵜呑みにすることは禁物ですが、参考にはなるので一度目を通しておいてください。

そのうえで購入するべきはどのサイズなのか、本当に自分が思い描く商品に近いのかを検討してください。

 

また、レビューではお店の対応の評価も見るようにしてください。

商品が届かない、連絡がつかない、返品の対応が悪かったなど、何かあった時のお店の対応が悪そうなお店ならちょっと考えたほうが良いかもしれません。

レビューは鵜呑みにはせず、あくまで参考にするために見てください。
そのためには★が5つのレビューだけでなく、★が1つのレビューも見ること。
いろんな評価を見た上で総合的に判断し、購入するか決めてください。


このひと手間で失敗は随分防げるはずです!
慣れればだいたい分かってくるので、難しく考えなくても大丈夫ですよ^^

 

まとめ

サイズをきちんと測り、レビューに目を通すようにすれば失敗はしにくくなります。
ぜひやってみてください^^


ちなみに、当ブログで今後紹介する洋服はほとんど楽天で購入したものです。
もしあなたが楽天カードを持っていないなら、ぜひ作っておいてください!
コーデを紹介した時にすぐにその洋服が買えるので早めに用意しておくことをオススメします♡

楽天カードはこちらから作れます↓

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「楽天カードでポイント生活はじめよう!」