低身長アラサーが大人可愛いを研究するブログ

身長149cm、下半身デブ、アラサー、くせ毛で剛毛多毛…問題山積みの私が大人可愛いと言われる理由とは?大人可愛いの作り方を紹介するブログです

f:id:komachi-k:20170804012557p:plain

イタくならない!大人かわいいコーデを作る5つのポイントを徹底解説!

こんにちは、角野小町です!

前回同様、アンケートでいただいたコメントへのお返事をしていきます!

今回はID:c70626db8c8bさんのコメント、「大人かわいく私もなりたいです楽しみにしてます」に答えていきますね!コメントをありがとうございます!^^

今回は私が大人かわいいコーデをどうやって作っているのか、について解説していきます! 

大人かわいいvs.子供かわいい

大人かわいいの反対語が分からなかったので、ここでは「子供かわいい」と名付けて話を進めていきます。

この子供かわいいを全面に出してしまうと「いい大人なのにイタイ」と言われます。
かと言っていかにも大人やで!という格好だと女性らしく見えない、老けて見える、地味に見える、キャリアウーマンみたいになってしまうなどといった悩みも。

女性にとってかわいいという要素は年齢関係なく取り入れたほうが良いと私は思っています。
ではイタくならないようにかわいいをとりいれるにはどうすればいいのか?

それは、大人の要素と子供かわいいの要素のバランス+オシャレで成立します。

 

※追記:子供かわいいの要素には、フリルやレース、お花など女の子感を全面に出した格好も含みます。
また、大人要素にはシンプルな格好も含みます。

大人かわいいの作り方

ではまず大人の要素と子供かわいいの要素についての話から入ります。

色の組み合わせについて

最初は色使い、組み合わせ方についての話です。

下の2つの色の組み合わせ、どっちがかわいいと思いますか?

f:id:komachi-k:20170711113631p:plain

f:id:komachi-k:20170711113649p:plain

どうでしょう?上の淡い色の組み合わせのほうがかわいく見えませんか。

下の組み合わせの色は原色と言います。絵の具のチューブから直接出した色だと想像すると分かりやすいと思います。
上の色はパステルカラーと言い、原色に白を多く混ぜた色のことを指します。

コーディネートは原色をたくさん使うと大人っぽく、パステルカラーを多く使えばかわいく見えます。 

タイトvs.ゆるゆる

下の2つのシルエット、どちらが子供に見えますか?

f:id:komachi-k:20170707163242p:plain 

 

左のシルエットの方が子供に見えませんか?
じつはこれはもともと同じ絵に私がシルエットを書き足しただけです。
もとの絵はコレ↓

f:id:komachi-k:20170707162825p:plain

シルエットはゆるいと子供かわいく、タイトだと大人っぽく見えます。

※自分でペイント使って描いたんですがヘタクソすぎて爆笑しました

 

大人かわいいのバランス

 要素について話したところで、ここからはバランスの話です。
上で解説した要素は
・子供かわいい=色が淡い、シルエットがゆるい
・大人っぽい=色が原色、シルエットがタイト

でしたね。

コレを踏まえて、大人かわいいを作るのに適したバランスは
大人っぽい:子供かわいい=6:4
だと私は考えています。


…なんか小難しく書いてしまったんですが、付いてこれてますか?^^;

上記の解説を踏まえてまとめると、

・シルエットはゆるい&タイトの両方を組み合わせる
・色はできるだけ原色でまとめて大人要素を多めに
こんな感じです。

色とシルエットのバランスだけでも大人かわいいは作れるんですが、他の要素の話も続けてしていきます。

柄&かわいいパーツ

基本的に、大人かわいいはシンプルに仕上げます。
アイテムは基本的に無地。柄ありならボーダーやドット(細かい水玉模様)程度です。
プリントTや花柄などはほぼ使いません。

柄とは別に、フリルやレース、リボンなど、かわいいパーツについてはゼロ、もしくは1つだけにします。
お分かりのとおり、このかわいいパーツは子供かわいいの要素です。
これが多くなると一気に子供っぽくなり、イタイやダサいコーデに。

なのでかわいいパーツを使いたいときには原色でまとめるとバランスが取りやすいです。

ただ、かわいいパーツが分かりにくいところについていたり、全体的にもう少しかわいい要素が欲しいという場合なら大丈夫。

たとえば昨日の記事で紹介した、背中にリボンがついている洋服。

背中にリボンがついている程度ならパステルカラーでも全然問題ないですし、大人かわいく仕上がります。

こういうのはなかなか一概にこうするべきって言えなく歯痒いんですが、この微妙なニュアンスがファッションの難しいところであり、また面白いところだと肯定的にとらえています。

これからもいろんなコーデを紹介していくので、大人かわいいが分からなくなった時は参考にしてください。

オシャレ要素について

ここまで結構長かったんですが、これで今日の話は終わりなんで最後がんばりましょう♡

オシャレ要素ってなんやねん?と思われるでしょうが、私はヘアスタイルのことだと考えています。
厳密に言うとヘアスタイルと全体のコーデが一致していることを指しています。

洋服をせっかく大人かわいくしたのに、髪型が就活生みたいなひっつめ髪だと一気に生活感が出てダサくなってしまいます。

ヘアアレンジをゆるいルーズなスタイルにすると、一気にオシャレになります。
ボサボサではなく、あくまでルーズ。
ヘアアレンジについてはまた私も紹介していきますので楽しみにしていてください^^

最後に

ここまで読んでくださり、ありがとうございます!

子供過ぎない、大人過ぎない、着飾ってないの要素が融合するスタイル、それが大人かわいいだと私は思っています。
自分が「感覚」で作っているコーデを説明するのって本当に難しい。今回の記事ですごくそれを感じました。

もちろんここで伝えたことが全てではないので、また解説すると思います。

分かりにくいことやこの場合どうなの?ってこともいっぱいあると思うので、感想や質問はブコメ、コメント欄、Twitterなどから気軽にしてください!
記事内にて詳しくお返事させていただきます。

参考になればうれしいです♡

 

お知らせ
当ブログで紹介するプチプラコーデの洋服はほとんどが楽天のものです。
もしあなたが楽天カードを持っていないなら、ぜひ作っておいてください!
プチプラコーデは楽天で叶います♡

楽天カードはこちらから作れます↓

☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「楽天カードでポイント生活はじめよう!」