低身長アラサーが大人可愛いを研究するブログ

身長149cm、下半身デブ、アラサー、くせ毛で剛毛多毛…問題山積みの私が大人可愛いと言われる理由とは?大人可愛いの作り方を紹介するブログです

f:id:komachi-k:20170804012557p:plain

肌がモチモチ♡乳液パックで乾燥肌に潤いをチャージしてみた♪

肌が乾燥する・・・

突然ですが、肌って年中乾燥しません?

秋冬は空気が乾燥してて肌が乾くし、春になってもなんか乾燥は収まらないし、夏は夏で日焼けのせいかカサつくし・・・

 

よくよく考えたら乾燥肌がマシになる季節ってないんですよね!!

何気なく肌を触ってみたらカサカサしていたり、粉が吹いてしまってメイクのノリが悪くてファンデがカサつきを強調してしまって余計に汚い肌に見えてしまったり・・・キーーーッ!!!

 


なのでちょっと考えを変えて、年中乾燥肌なら年中乾燥肌対策をすれば問題ないのでは、という発想に至りました。

 

乳液パック??

乾燥肌対策をいろいろ調べてみると、「乳液パック」なるものを発見。

化粧水でパックする「ローションパック」はよく聞くけど乳液は初めて見たな~なんて思いながら調べていくと、どうやらカンタンにモチモチ肌になれるそうな・・・!

 

どうやら化粧水をつけたあとに乳液パックをすると乳液が油膜を作ってくれるので水分の蒸発を防いでくれるだとか!

 

これは良さそうだ!と思ったのでやり方を忘れないためにここにまとめておこうと思っています。

ただこの乳液パック、ニキビができているときとかは悪化する可能性があるらしいので注意が必要!

というかこのブログを含め、ネットの情報が絶対自分に合うとは限らないので、悪化したらやめる、また自己責任で行ってくださいね。


乳液パックのやり方

コットンを持つ手

1.いつも通り化粧水をつける

2.大きめのコットンを2枚にはがす

3.毛羽立ってない面に乳液をたっぷり塗る

4.頬に載せて10分位おいてからはがす

5.コットンに残った乳液を顔に塗る

6.さらにクリームを塗って完成

 

調べた感じだとこんなことが書かれていました。


お風呂上がりはもちろん、メイク前にすると肌がモッチモチになってメイクのノリが抜群に良くなるらしいです!これはやらないと^^

 

乳液パックやってみた

乳液がもったいない?

というわけで昨日の夜さっそくやってみました。

化粧水をつけてコットンを2枚に裂いて、と・・・

 


と、ここまでやったのは良いんですが、乳液が塗りにくい・・・

塗ったらどんどんコットンに乳液が吸われていくので、コットン全体に伸ばすのが難しいんです。

なんかいつもより乳液を使っちゃうんでもったいない気もする・・・

と思ったのでもう片方は化粧水で湿らしてから乳液を塗ってみることに。

 

なので片方は乾いたコットンにたっぷりの乳液、もう片方は化粧水+少なめ乳液で検証。

 

乾いたコットンvs.化粧水で湿らせたコットン

顔に両方のコットンを貼り付けてから10分、はがしてみました。

頬にしか貼り付けてなかったので、コットンに残った乳液を顔の他の部分に塗り塗り。

 


両方の頬を比べてみると、正直あんまり変わらないような?

どっちもモチモチしてます!

 


なので乳液がもったいないと感じたらコットンを化粧水で少し湿らせてから乳液をつけても問題なさそう、という結果になりました。

 

また乾燥が気になる時にやってみようと思います♡