低身長アラサーが大人可愛いを研究するブログ

身長149cm、下半身デブ、アラサー、くせ毛で剛毛多毛…問題山積みの私が大人可愛いと言われる理由とは?大人可愛いの作り方を紹介するブログです

f:id:komachi-k:20170804012557p:plain

なんか肌が乾燥する…化粧水を浸透させるための3つのポイントとは?

あなたは、こんなことありませんか?

 

よし、洗顔終わり!さあ化粧水つけよっと♪

・・・あれ?なんか化粧水が浸透してないような??なんか肌の表面を濡らしただけでビショビショなんだけど・・・

乾燥肌 気になる

肌を乾燥から守るためにつける化粧水ですが、なぜか肌が化粧水を吸わない、肌表面から奥に浸透している感覚がない、ということありますよね。

化粧水をつけたのにしばらくすると肌がカサカサ、ゴワゴワするとしたら、もしかしたら化粧水がちゃんと浸透していないサインかも。

 

じつは化粧水を浸透させるには3つのポイントがあるんです。

・ブースター&コットンを使う

ブースターとは、化粧水の浸透をよくするために使う、化粧水の前に使うアイテムのこと。

美容液タイプやオイル、拭き取り化粧水などさまざまなアイテムがありますが、今回は拭き取り化粧水の紹介をします。

 

洗顔直後でも、肌の上には角質や皮脂、落としきれなかったファンデなどが残っている事があります。

これらは、化粧水の浸透を妨げる余計なもの。
それを取り除くことで化粧水の浸透を良くするのです。

 

やり方は、拭き取り化粧水をコットンに含ませ、顔をやさしく拭き取ります。
このとき、余計なものを落とそう!と頑張ってこするのは絶対NG!
肌トラブルのもとになってしまいます。

あくまで優しく、かるく拭き取ること。
また、拭き取り化粧水をケチると摩擦が起きやすくなるので、コットンにたっぷり含ませることも大切です。

・手で化粧水をつける

拭き取りが終わったら、つぎは化粧水をつけます。
このときはコットンではなく、手でつけるようにしてください。

手でつけると、手のぬくもりで化粧水が温まり、化粧水の浸透が良くなります。
また、つけたあとにそのまま手で顔を覆ってハンドプレスをしましょう。
より化粧水の浸透が良くなります。

化粧水 つける

・フタをする

化粧水をつけ終わったら、化粧水が蒸発しないように「フタ」をしましょう。
使うのは乳液やクリームといったオイルを含むアイテムです。

 

ちなみに、美容液などはフタの前につけます。
順番がわからなくなったときは、使うアイテムの質感を目安にしてください。
肌に乗せる順番は、サラサラの液体(化粧水)→とろみのある液体(美容液など)→オイルを含んだとろみのあるもの(乳液など)→固形に近いもの(クリームなど)

液体からオイルや固形に近いものを乗せていく、というイメージです。
フタをすることで化粧水や美容液などの蒸発を防ぎましょう。

 

3つのポイントを押さえて、しっとりモチモチ肌になりましょう!