低身長アラサー元古着屋ショップ店員のブログ

興味のあることいろいろ。ファッションより美容記事が多め。

DV、対人恐怖症、いじめ…ブスでダサくて卑屈な黒歴史を暴露してみた

突然キレて殴りかかる父親
泣き叫ぶ声と、血で赤く染まる部屋。

生まれた時からこんなことが日常茶飯事でした。

 

過酷な幼少時代を過ごした私は対人恐怖症になってしまいました。

 

どんな人間も信用できない。
特に成人男性は絶対信じてはいけない。
隙を見せてはいけない。どんな人間にも。

 

生まれて数年しか経っていない子供のくせに、そんなことを常に考えていました。

人を信用できないので、人間関係の築き方も分かりませんでした。


家庭内で唯一教わった人間関係は「支配するものと支配されるもの」というあり方だけ。
誰かと仲良くなるなんて私には理解不能でした。

対人恐怖症の子供

f:id:komachi-k:20170905112744j:plain

6歳の頃、私と兄を守るため、母は離婚を決意しました。

今ほど離婚が一般的ではなかった時代です。
でも母は私達を守るため離婚し、女手一つで育ててくれました。

 

父親のDVがなくなり、家の中は平和になりました。
でもそれだけでは私自身はなにも変わりません。

今までまともな人間関係を知らない私です。
父親がいなくなったとはいえ、対人恐怖症が治るわけではありませんでした。

友達の輪に入れない。人との距離感が分からない。

私は常に孤立していました。

 

転校先でのいじめ

f:id:komachi-k:20170905002800j:plain

小学生の頃、転校先でひどいいじめにあいました。
転校生。対人恐怖症。お金がなくて服もダサい。

私はいじめるのにうってつけの子供でした。


毎日休み時間になるたびに体育館裏で殴られたり、お金を取られたり。

担任の先生に相談しましたが、なにも解決しませんでした。

 

そんな経験のせいで対人恐怖症が余計にひどくなりました。
また、自分に自信が全く持てず、卑屈になりました。

中学1年生で不登校に。
2年生の時には中学生なのにストレスで胃炎になりました。

 

暗黒の高校時代

一番辛かった学生時代は高校生の頃です。
高校生にもなればオシャレや恋に目覚め、青春真っ只中という楽しい時期。
そんな貴重な時期を、私は自信がなかったせいで全然楽しめませんでした。

暗くて地味でブス。
クラスに一人はいる、メガネで教室の隅にいつもいるゴミみたいな存在。
カースト制の底辺にいる気持ち悪い女。

それが高校生の頃の私です。

 

自分のようなブスが、可愛い服を着てはいけないと思っていました。
欠点ばかりに目を向け、自分を磨くことをすべて避けていたのです。

自分のブスな顔を相手に見られるのが怖くて、顔をあげることができない。
前髪を長く伸ばし、常にうつむいて生活をしていました。

 
「ブス」「気持ち悪い」といった心無い言葉を容赦なくかけられました。

同じクラスの同級生だけでなく、よそのクラスの男子にまで笑われることも。

 

自分なんて生きている価値がない。消えてしまいたい。

 

 毎日そう思っていました。

学校に行くのは辛かったですが、中退と留年は避けたかったので頑張って卒業しました。

 

高校卒業後は服飾専門学校に進みたかったのですが、学費面で母に負担をかけたくなかったので就職することに。

この就職をきっかけに、私の人生は大きく変わっていくのです。

 

次回に続く

 

 次の話はこちら

www.bi-labo.net

 

 

前回の話はこちら

www.bi-labo.net