どん底から這い上がった元ショップ店員

大人女子向けファッションブログ。人生を逆転させる服、教えます

元古着屋の副店長だった私が、たった4日で子供服のショップ店員を辞めた4つの理由

f:id:komachi-k:20171218125254j:plain

 

こんにちは!角野小町です!

 

テナントの問題で働いていた古着屋が閉店

その後アパレル業界の裏方、つまり製造側で働くことにした私

 

実は裏方で働く少し前に、
子供服のショップ店員をしたことがあるんですよ 

 


ショップ店員という仕事がすごく好きだった私ですが、

たった4日で仕事を辞めました。 

 

 

なぜ私が子供服の売り場から4日で去ったのか

 

今回はその理由を書いていきます

 

30分で採用される

 

私が働いていたのは
某ショッピングモールに入っている子供服のお店

 

余り知られてないですが
アパレル業界では面接の時にスーツを着て行くことはほぼありません。

 

就職したいブランドの服や
そのブランドを意識した格好で行くことが多いです

 

古着屋の時、
毎日さまざまなテイストの服を着ていた私

子供服のテイストの格好なんて朝飯前

 

そのお店の服は着ていなかったんですが
面接を受けてから30分後に電話がかかってきて採用になりました

 

採用された理由は
面接時の服がそのお店のテイストと合致しているから

 

完全に見た目で就職決定w

 

 

明日から来て欲しいと言われたので
ヤル気満々で出勤しました

 

でも出勤してから嫌なことだらけでビックリする羽目に…

 

子供服のショップ店員になって嫌だと思ったこと

 

・店が暇すぎる

 

ショッピングモールなので、さぞかし人が多いだろうと思っていたところ
お客さんが全然いないんです!

 

出勤初日は平日ということもあり、
店の前を通りがかるお客さんは1日のうちに3人いればいい方

 

その間やることがないので、

たたんである服を広げてもう一度たたむ
という動作を8時間以上してました。

 

暇ってしんどい(泣)

  

古着屋をしてる時は結構忙しかったんです


副店長なので、朝はお店の鍵を開けて掃除

その後は品出しをしたり、持ち込まれた服の査定

ディスプレイ担当だったので、マネキンのコーディネートを考えたり

閉店時間になったらレジ締めをして、お店に鍵をかける 

 

結構一日中動き回ってて忙しく仕事してたんですよ

 

 

それに比べて子供服売り場の暇さったらないです

なんせお客さんがまず歩いてないですからね

 

つらすぎて半泣きでした

 

・接客の練習が無茶ぶり

 

接客業あるあるだと思うんですけど
お客さんが来た時の会話の練習

いわゆるロールプレイングをやるわけですよ

 

そのロープレを店長としないといけなくて

しかも店長がクレーマーのお客さん役をしてくる

 

精神的にめっちゃキツい

 

そこまで言うお客さんおらんやろ、

っていうぐらいのクレーマー演じてくるんですよ

 

これはかなりメンタルやられましたね

 

そもそもそんなクレーマーが来たら
店長に対応してもらうし

 

不必要なロープレより
もっと教えることあるやろ

 

・制服が自腹

 

ショップ店員なら常識なのかもしれないですけど、
制服を自腹で購入しないといけないんです

 

ちなみに制服=そのショップの服です

しかも季節ごとに新作アイテムを買わされます

 

なので休み時間に次シーズンの新作をカタログで見て、
自分が買う服を予約させられます

 

前に買った服は着たらダメなんです

ショップ店員は常に新作を着て「動くマネキン」にならないといけないので


これがかなりつらい

 

もともとショップ店員って
そんなに給料高いわけじゃないんです

 

なのに自腹でいっぱい服買わされるので
給料が少なくなって大変なんですよ

 

 

古着屋の時は制服なんか無くて、好きな格好で良かったんです

だからこのシステムに納得いかなかった

 

この先ずっとシーズン毎に新作を買わされるのかと思ったらゾッとしたんです

 

私がよく

「トレンドを追うっていうことはアパレル業界の食い物にされること」

って発言するのは、この嫌な経験があるから

 

ショップ店員はアパレル業界にいるのに、食い物にされます

 

それが気にならない人もいるようですが、
私は服を強制されるのが嫌で仕方なかったです

 

・販売ノルマがある

 

来店されたお客さんに
商品を売り込むことにも抵抗がありました

 

店員には販売ノルマがあって、
達成するためにみんなが血眼でお客さんを取り合い

 

それがすごく嫌で

 

洋服を買いに行った時、店員さんが寄ってくるのって嫌じゃないですか

 

私もダサかった時に
服屋さんに入るのがすごく怖くて

 

お店に入る勇気がなくて
ちょっと離れたところから商品をながめて買う服を決めるというw

 

そのあと小走りで店に入って、
目当ての服をつかんでレジに直行!

っていう買い方をしたことがありますw

 

だって店員さんに話しかけられたくなかったから

 

なので自分が嫌だなって思うことを
人にしないといけないってかなり苦痛だったんです

 

古着屋の時はノルマも売り込みも無かったので、
こういう仕事のやり方は向いてないな、と思いました

 

 

まとめ

 

子供服のショップ定員を4日で辞めた理由

 

・暇すぎる

たたんである服を広げてたたみ直すという作業が苦痛すぎた

 

・店長とのロープレ

クレーマーの練習は必要ない

 

・制服が自腹

そのお店だけじゃないと思うけど、強制で服を買わされるのはつらい

 

・販売ノルマ

お客を取り合ったり売り込むことに抵抗があった

 

 

私には古着屋以外のショップ店員は無理。 

こんな気持ちでお店に立ち続けるのは良くないと思い、
4日で辞めることを決断しました。

 

コーディネート、好きやったんですけどね(´・ω・`)

 

以上、角野小町でした。