低身長アラサーが大人可愛いを研究するブログ

身長149cm、下半身デブ、アラサー、くせ毛で剛毛多毛…問題山積みの私が大人可愛いと言われる理由とは?大人可愛いの作り方を紹介するブログです

f:id:komachi-k:20170804012557p:plain

疲れ顔に見られてない?ベージュリップを上品に魅せる4つのポイント

ベージュリップの失敗

流行のベージュリップを買ってウキウキしながら朝つけて会社に行ったら、女性の先輩に「顔色悪いよ!大丈夫?疲れてるんじゃない?」と心配されてしまった・・・という経験、一度はありますよね?(あれ?ない?笑)

疲れ顔

じつはベージュリップはそのままつけてしまうと、唇の血色が消えてしまい、顔色が悪く見えてしまったり、顔がのっぺり見えてしまうという少し難しいアイテムなんです。

そんなベージュリップの攻略するためには4つのポイントがあるんです!

1つずつ見ていきましょう。

 

ベージュリップ攻略方法

1.色味を攻略する

ひとくちにベージュリップと言っても、ヌーディベージュやピンクベージュといったいろんな色のベージュがあります。

人に与える印象がそれぞれ違うので、なりたい印象に合わせて色味を決めましょう。

 

ピンクベージュ

ピンクベージュ

可愛くて明るいピンクと落ち着いたベージュの良いとこ取りの使いやすいカラーです!

顔色が悪く見えることも少ないので、ベージュリップで迷ったらとりあえずこの色を選べば良いと思います。

 

ナチュラルベージュ

ベージュ

洋服などでも「ベージュ」という名前でよく見かける、肌色という感じの色味です。

落ち着いていて大人っぽい、知的な印象を与える色です。

 

オレンジベージュ

オレンジベージュ

オレンジほど元気すぎない、でもベージュほど落ち着きすぎない、という取り入れやすいカラーです。

ピンクベージュ同様使いやすい万能カラーと言えるでしょう。

 

2.もともとの唇の色とくすみを消す

何もせずいきなりベージュリップを唇にのせてしまうと、色がキレイに発色してくれません。
なので一度唇本来の色とくすみを消しましょう。

 

まず、コンシーラーを唇に塗って色味を消します。

コンシーラーは唇用を使うのがベストですが、ベースメイク用のコンシーラーでも可能です。
つぎにベージュのリップペンシルで唇の輪郭を描きます。

リップペンシルの色はベージュリップと同じ色を使いましょう。

 

輪郭をしっかり描くことで、唇と肌の境目がぼやけてしまうことを防ぎ、またぷっくりとした唇に見せることができます。

 

輪郭が描けたら内側を塗りつぶします。

そしてベージュリップを塗りましょう。
その後、一度ティッシュオフしてもう一度リップを塗ると色持ちが良くなりますよ。

 

3.さらに立体的に

のっぺりした印象を回避するため、さらに立体的にしていきましょう。

 

白いペンシルを用意し、上唇の山の部分にハイライトを入れてぼかします。
上唇の輪郭全部ではなく、中心のM時の部分だけでOK。

つぎにグロスをたっぷりのせ、つやと立体感を足しましょう。

4.リップメイク以外のメイク

ハイライト

リップメイクが完成したら、リップ以外の部分も立体的にしてメリハリをつけるとより◎。

目元のCゾーンと鼻の付け根、眉の下にハイライトを入れましょう。

 

アイメイク

リップメイクが控えめなので、アイメイクを冒険してみるのもバランスが取りやすいのでオススメです。

カラーレスメイクにしたいけどメリハリをつけたい!という場合はアイラインを強調すると良いでしょう。
のっぺりせずキレイにまとまります。

チーク

ふんわりした色味ならどれでも相性が良いです。

オススメはベージュリップの色とチークの色を合わせること。
相性が良いのはもちろん、統一感が出ることで垢抜けて見えます。

 

ベージュリップは少しレベルの高いアイテムですが、4つのポイントをおさえれば攻略できます!

ぜひ素敵に使いこなしてくださいね♡